山芋(やまいも)の栄養成分・旬・カロリー・産地・選び方

山芋いも類

山芋(やまいも)は長芋、ヤマトイモ、自然薯などが含まれます。名称は地域によってさまざまです。

栄養成分をバランスよく含んでおり、中国では滋養強壮に効く漢方薬としても使われています。

山芋の特徴、栄養成分、カロリー、旬(美味しい時期)、産地、美味しい山芋の選び方・見分け方について順に紹介します。

 

スポンサーリンク

特徴

山芋

  • 学名:Dioscorea japonica
  • 分類:ヤマノイモ科ヤマノイモ属
  • 原産地:熱帯亜熱帯地方、中国、日本
  • 和名:ヤマノイモ
  • 別名:ヤマイモ
  • 英名:Japanese yam, Glutinous yam

種類は、日本の山に古代から自生している自然薯(じねんじょ)、こんぼうのような長芋、扁平で扇川のいちょういも、こぶしようにつくねいも(大和いも)などがあります。

日本には昔からあるため、名称や地域によって名前が異なり、種類も多くあります。

古くは自生ものを採取して食用にしていた地域もあり、歴史に関しては謎が多い野菜です。日本では縄文時代から食べられていたと言われています。

強い粘り気があり、精がつくことから「山うなぎ」とも言われています。昔から病人の薬用食・強精食として「山薬」とも言われていました。

 

スポンサーリンク

栄養成分

山芋

でんぷん
ムチン
ビタミンB10.10mg
ビタミンB20.02mg
ビタミンC6mg
カリウム430mg
食物繊維1.0g
たんぱく質2.2g

おもな成分はでんぷんはですが、でんぷん分解酵素のジアスターゼ(アミラーゼ)が豊富に含まれているので、消化を助けるために生でも食べられます。

アミラーゼは高温の熱に弱いので、消化促進を期待するなら、生食がおすすめです。

たんぱく質の消化吸収を助けるぬめり成分のムチン、ビタミンB1、ビタミンC、カリウムなどのミネラル類、食物繊維がバランスよく含まれている健康野菜です。

中国では漢方薬として利用されています。消化促進、滋養強壮、老化防止、肌荒れ予防、疲労回復、便秘改善などの効果があると言われています。

 

カロリー

自然薯(じねんしょ)と長芋ではカロリーが大きくことなります。

自然薯(じねんしょ)121kcal(100gあたり)
長芋65kcal(100gあたり)

 

旬:美味しい時期

  • 10月~3月

保存性(低温貯蔵)が高いので周年出回っていますが、収穫は晩秋から冬にかけてになります。

冬場は水分が抜けるので粘り気が強くなり、灰汁が抜けて糖質も増すので、甘く濃い味が楽しめます。

 

産地

  • 青森県
  • 北海道
  • 茨城県
  • 千葉県
  • 群馬県

青森県と北海道が二大生産地で、シェアは8割になります。

 

美味しい山芋の選び方・見分け方

山芋を半分に切った様子

  • 自然な肌色で均一、デコボコが少ないものを選ぶ
  • ふっくらとした太くまっすぐに伸びているものを選ぶ
  • ヒゲ根が少ないものが良品
  • カットしたものは切り口が変色しておらず、白くみずみずしいものが新鮮

皮の表面に比較的デコボコが少なく、すべすべしてなめらかなもの、皮が自然な肌色で、張りとツヤがあるを選びましょう。

表面が不自然に白い山芋があれば、それは漂白の可能性が高いので避けてください。

泥やおがくずが付いたものの方が日持ちします。重みがしっかりとあり太っているものがおすすめ。下にいくほど栄養分が多く美味しいです。

 

カットされている場合は、切り口の断面が白く、みずみずしいものを選びます。

真空パックされたものは、鮮度が落ちると空気が入り、袋が膨らむので注意してください。